お問い合せ/質問/お申し込みはメール、またはお電話で090-6348-0808
ライブ情報一覧
※イベントについてはお問い合わせ下さい。

スポンサーサイト
  • [-]
  • 2016.09.28 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | -

戻って参りました!!
大変遅くなりましたが先々週に無事に帰国いたしました!!帰国のお知らせ遅くなり済みませんアセアセ

スペインでの最後の2日間はマドリッドに移動し、美術館、アモール デ ディオス、タブラオとそれなりに活動して参りました。がしかしマドリッドもアンダルシアとなんら変わりのない暑さで、正午から夕方までは部屋で非難していた方が無難な殺人的な太陽でした。
おまけにインターネットカフェも見つけられず、今更の日記となりました。

マドリッドはバルセロナとはまたちょっと違った活気があって、首都なんだなと思わせる都会の忙しさやゴミゴミ感がありました。(日本ほどのゴミゴミ感はありませんが・・・。)

アモール デ ディオスは夏休みとあって人数が少ないせいか、昔のぞいた時のような威圧感や孤独感は感じずあっさりと参加することが出来ました。(これって単なる田舎物の感覚なのかもしれません。。大概アンダルシアから移動して行くので。)

美術館は今回、ソフィアしか行けませんでした。水を持っていくのを忘れフラフラになりながら2〜3時間かけて見ましたが夏のスペインは水持参必須です!!
本当はあと、プラドとティッセン、サンフェルナンドにも行きたかったです。悔しい・・・。

タブラオはカサパタとカルボネラスに行きました。カサパタは、またもやタイミングが悪く面白くなかったけれど、カルボネラスはなかなか熱い良いライブが見れました手スペイン最後の夜を熱いライブで締めくくれたので良いとしよう♪

さて、帰りも早朝の起床。空港にて荷物の重量オーバーという予想外の出来事で、朝食も食べていない睡眠不足の私はここでもフラフラになりながら荷物を広げ、手荷物に移動したり持ち込めない諦める為のFINOを選んだりと大忙し。

時間がない!と慌てて乗り場に辿り着き、がさっと朝食を済ませて搭乗に備えましたが、なんと延滞で待つ事1時間。こら〜〜〜〜っ!!
しかもさっき泣く泣く諦めたFINOと全く同じ物が免税店で売っている。悔しいから残りのユーロで買おうかとも思いましたがこれ以上手荷物が重くなっても困るのでやめましたが、なんとも複雑な気分。
同じものなら許してゲート通過させてくれ〜〜!心の中で叫びつつ、頭はボーー。

全くもって最後までバタバタしていた今回の旅。しかしケガも事件もなく、笑える出来事ばかりでよかったぴのこ:)

今回3年ぶりの渡西でしたが、行って本当に良かったです。協力してくれた教室の皆様、お仕事の関係者、本当に感謝ですきらきら

そして誘ってくれた悪友!(笑)にも感謝セリザワさんそして勿論家族にも♪

と言う訳で、2010のスペイン通信は終わります。
次は一体いつになることやら・・・。

スペインより! 4
いよいよへレスは今日が最終日。
ここに住む友達とこれから車で30〜40くらいで行けるtipionaという海が目の前の街に行きます。
今夜、そこに短期滞在している友達がライブをやるというのでそれを見に行くんですが、
せっかくなので早く行って海でも見て魚のフライでも食べて来たいと思います。

今夜出演する彼女はピアニストなんですが、フラメンコもかなりのレベルで踊っていて、
実は一度日本でタブラオでご一緒している。才能ある人はなんでも出きるんですよね。
というか自分を目的に近づける術を知っているのかな。とでもいいましょうか。
今日はピアノのセッションなので、彼女のフラメンコは知っていますが本業のピアノは初めてなので楽しみです♪

明日から2日間マドリッド。そして日本に帰ります。
ここへレスでの生活はまるであと何ヶ月も住む人のようなテンポで過ごしている。
それが私にとって一番正しいということに自信が持てるまでに2〜3日はかかったかな。
結構重症だったかも、なんて思ったり。
ゆっくり時間をかけて自分と向き合うことを求めていたんでしょうかね。

昨日は、エルフラでトレオ達と一緒に出演していたギターのマヌエル、バイレのマリア夫妻のお宅に行って来ました。
あいにくマヌエルは海外にいて会えなかったけどかなりご活躍のようす。
マリアも相変わらずチャーミングで明るく家族みんなが暖かかったな。
ちびっ子のルシアちゃんはマヌエルにそっくりでめちゃくちゃ可愛かったです♪

帰国後色んな写真をアップしますのでお楽しみにしていて下さい★



スペインより! 3
先日、夕食にご招待してくれた友達は日本人で、結婚してここへレスに住んでいます。
素敵なお家にゆったりた暮らし、以前はフラメンコもしていましたが今はやめて暮らしています。

フラメンコについてや色々な事をとりとめなく話し、忙しくて気付かなかった事や自分の求めていることなどにちょっと気付けた気がしました。
フラメンコ的には時期が悪く期待通りではないけれど、何もしないでいる、というヘレスならではの貴重な、ある意味ムイフラメンコな時間を過ごせているように思います。

昨日は彼女と、市から助成金をもらって活動しているオーガニックの団体のイベントに参加し、いきなりカマレラ(バーテンのようなウェイトレスのような)の仕事をお手伝いしました。
まさかここに来てこんな体験をするとは思いませんでしたがとても楽しかったです〜。

なんか強引な気がしますが、こういう普通の生活の中にフラメンコって存在するんだな〜と勝手に感じてしまいました。

がしかし今夜こそはタブラオかペーニャに行ってきます。
そうこうしている内にマドリに移動になりそうです。

スペインより! 2
いやいや、それにしても暑い!本当に暑い!
もう7時だというのに、サングラスなしでは歩けません。

さて昨日はちょっとバテたのか、夕方から体がダルく久しぶりに横になって何もしない時間を過ごしました。
夜はタブラオに行こうと思っていたのに残念!ちょっと張り切り過ぎたみたいです。。。

前回お伝えしたように、私のいる地域はムイフラメンコなんですがまさかの夏休みに突入したようで、期待していた様なまったりのんびりクラスさえも存在しておらず、、途方にくれております。
プライベートレッスンは受け付けている人もいるようですが、そういう感じでもないんですよね。
でもこのままでは勿体無いので何か考えます。

ここでは午前、午後に各2つづつの事しかこなせません。と思っています。銀行や郵便局、市役所などはめちゃくちゃ人がいるのに窓口は1つか2つ。そして仕事ものんびりです。別に急ぐ理由もないのでしょう。
なのに午前中しか営業してません。午後は何をしているのだろう。。。

その他の店は大体9時半〜12時半か1時、夕方は17時半〜21時に営業しており、その間は余りの暑さに店は閉まり、シエスタ。

本当に日本がどんなに便利かを思い知ります。時間に限りのある旅行者には、ちょっと困るシステムです。

さて、これからこっちに住んでいるお友達のお家に夕食に行きます。昨夜なんとなくどうしているかな〜なんて考えていた人物だったのですが、今朝道端でばったり出くわし本当にびっくり!狭いヘレスと言えどもこんな事は滅多にないので数年ぶりの再開が楽しみです★

それではまた通信します。明日はどんな風が吹くのやら〜。

スペインより!
こんにちは!!大変お待たせいたしました。やっとこスペインからのブログです。

木曜の夜にバルセロナに到着して早5日。今日、ヘレスに移動してまいりました。
バルセロナでは相棒も居たせいか時間はあっという間に過ぎ、忙しくクタクタの日々。。。
私にとって、ほぼ初のバルセロナの感想は、建物が高い、スペインだけどスペインでない様な洒落た都会の町。
世界中から観光客が集まるので外人慣れしていて大体英語で話しかけられる。(でもヨーロッパ人の英語は聞き取りが難しく、英語の基礎のない私は大変困りました〜。ちなみにここへレスでは英語なんて全く考えられません。スペイン語も思いっきり訛りまくっていて私はホッとしています。)

さて話を戻しまして。初日の木曜日は飛行機の到着が2時間も遅れたので、早速タブラオに行く予定だったけどバルでご飯を食べ相棒と部屋ビール。
今回この飛行機が揺れたのなんのって!!本当に落ちると思って怖かった〜。こんなに揺れたのは初めて。
怖すぎて隣の人に話しかけたらやはりこんなのは初めてと言ってました。
帰りは揺れないことを祈ります(涙)

さて翌日は携帯電話やら銀行やらヘレス行きのチケット手配やらの事務作業で半日が終わり観光の予定が急遽ショッピングに変更。しず○、ごめんね。
夜はタブラオのはしごをしてスーシーとトレオに会ってきました♪大好きな二人に会えて感動でした。
相変わらず二人ともバリバリの踊りを披露してくれました。
ただバルセロナと言うこともあってか、たまたまなのか観光客向けに構成されているのがちょっと残念でした。
でもそれも大事なことだし、どこも同じ悩み(?)を持っているのかと思うとちょっと勇気も出たり。

3日目は朝食後すぐに観光ツアーなるものに参加してサグラダファミリアやグエル公園、スペインに居るけどスペイン村などに行ってバルセロナを満喫。実はこのスペイン村にタブラオがあって、もしかしたらダビロメロが踊っているかも!を期待して行きましたが全然知らない人でした。残念。
今回、タブラオはすべからく外してしまったみたいで、期待の人は先週まで踊っていたのに、などと惜しいこと続き。とは言えそれなりに楽しませて頂きましたよ〜★

4日目、バルセロナ最終日。日曜日と言うこともあって店と言う店は閉まり、町中打って変わって静まってました。
せっかくなので私たちは海に行って最終日にリッチなランチをヨットハーバーにて頂き、超ご機嫌♪で素敵な時間をすごしました。
夜は由緒あるオペラ劇場でオペラとフラメンコのコラボを見に行きました。これは最高に良かったです!
オペラも最高、フラメンコも知らない人でしたがムイフラメンコでオペラとも上手くはまっていて、最後の夜にいい芸術で締めくくれて良かったです。

そして本日は朝5時前に起きてヘレスへ移動。東京では考えられないくらい歩く毎日で足はパンパンだわ、全身だるいわ眠いわで大変だったけど、老体にムチ打って何とか到着(笑)

スペインは本当によく歩く。この硬い石畳を子供の時から歩く生活してれば足も強くなるよな。。。
なんて事を考えながらジリジリと照りつける日差しの中クラクラしながら今日も歩いて参りました。
洗濯物なんて、数時間でガビガビの形状記憶状態になるまで乾ききってしまう程の太陽と乾燥。
東京は雨とのこと。この乾燥と暑さが想像つかないかもしれないですね。
日焼け止めも、日よけの上着も意味なし。すでに背中がひりひりしてます。
恐るべしスペインの日差しです。

それにしても、やっぱり私はここヘレスが好き。今日、数年ぶりに来てやっぱり再確認しました。
ヘレスの町に到着した途端、なんだかわからないエネルギーが沸いてきて、クタクタなはずなのに体中の細胞が喜んでいるみたいな不思議な感覚を覚えました。
日差しは強いけど、体を通り過ぎる日差しは暖かくて優しい。
何もないけど、物ではない豊かさがある。
なんだろう、この落ち着く感じ。時間がとまってしまったみたい。ずっとここに居たみたいな安心感。

まだ今日は初日。ここヘレスでは、ゆっくりゆったりフラメンコな時間を過ごしたいと思っています。
いきなりの長文になりましたが、また通信したいと思います。
では!!



スペイン紀行2006(3)
スペインにて、帰国を目前にした締めくくりをお送りする予定でしたが、うっかり強烈な風邪などをこじらせてしまいお届け出来ずに帰国を迎えてしまいました。 本当に気まぐれでごめんなさい。帰ってみると日本でも風邪が流行っていてびっくりしました。スペインにて引く風邪は何故か毎回強烈で、あっという間に熱が出て声が出なくなる。栄養や睡眠に気を使っていても狙われたら逃れられない魔の風邪って感じです。風邪まで情熱的?!という事で風邪の輸入はしてしまいましたが無事に帰国致しました。 読んで下さった方々、応援して下さった方々、どうも有り難うございました! 今後ともどうぞ宜しくお願い致します(^O^)!

スペイン紀行2006(2)
スペインの空は相変わらず真っ青でまだまだ熱い! 昼間はまだ余裕で30℃を越している。でもその空は高く、日陰や夜はとても涼しくて過しやすい。少し秋っぽくなってきたかな?

昨日はマルケシータを見に行ってきました。日本で何回か見たけれど、やはりこっちで見ると良い。生き生きして踊っているのが良くわかる。でも会場がタブラオではなく、ホテルの一角だったので設備的にもそれなりで少し残念!! その後友達とバルにて美味しいタパをビールを頂き、ペスカドフリート(魚のフライ)を買って帰りました。なんとも平和で幸せなひと時でありました☆

明日はまた、テアトロと野外のライブとの梯子で大変だ☆ この度つくづく、唄は良いなぁ〜、やっぱり唄だよねぇ〜って思います。フラメンコの勉強は果てしなく果てしなく続きます。と同時に、自国の文化への興味もどんどん沸いて来ています。日本に帰ったら、日本文化、伝統芸能の勉強もしたい!と意気込んでおりますが果たしてかなうのでしょうか。。。

それでは次回をお楽しみに〜♪ 気まぐれスペイン紀行でした!

スペイン紀行2006(1)
スペインに到着してはや10日が過ぎました。銀行やら何やら、面倒な事も片付きやっと生活も落ち着いてきた頃。毎回久々に来る懐かしいスペインなのに、毎回自然に馴染んでしまう心地よさ。やっぱりスペインは良いねぇ〜。日本での雑踏が嘘の様にゆっくり時間が過ぎていく。本当に自由でストレスの無いところだ。

先日、ヘレスという田舎町で「フィエスタ.デ.ラ.ブレリア」というフラメンコの祭典?とでも言いますか毎年行われているイベントに行ってきました。
会場はなんと広い広いサッカー場。使用していたのは3/1くらいだけどこんな田舎町にコレだけ集まるかね、っていうくらいの満員の人! 子供からお年寄りまで朝の4時30分まで大盛り上がり!! 信じられないエネルギー。私達は途中でこっくりこっくり居眠りなんかしているのに彼らはへっちゃら。恐るべし!!やっぱり昼寝は必須なのね、と改めて認識!

今日から本格的にビエナルが始まります。またちょっと忙しくなってきそう。そうれはそうと、こうしていても車から聞こえてくる音楽はやはりフラメンコ。ポップスも多いけど殆どがスペインの音楽。英語を聞く事はほとんどない。本当に普通にフラメンコが生活の中にあるんだなぁーって、これもまた改めて感じる。田舎の方に行くともっともっとその色は濃い。大人から子供まで、自分の国とフラメンコを本当に愛しているんだなって事が分かる。日本人も学ぶべき所が沢山あるなぁーって今回は特に感じてます。

それにしてもユーロが高くて高くてビックリ!! 唯一暮らしにくいといったらコレかな。昔と比べたら3倍くらいになったといっても嘘じゃないかも。はぁ〜痛い痛い。。。

しかしここでは当たり前の昼からのビールは最高だねぇーー。皆様には本当に申し訳ありません!!m(_ _)m

あと2週間あまり、散財しない様に気を付けつつ、沢山の良い物を吸収して元気に帰りますので、土産話を楽しみにしていて下さいねーーー☆ それでは!ひさかの気まぐれスペイン紀行でした!(^^)

<<new 1 of 1pages old>>
佐藤久果主宰【estudio orilla del mar 〜エストゥディオ・オリージャ・デル・マル〜】は恵比寿・高田馬場・北柏でフラメンコ教室を開校。初心者から中上級まで、各レベルに合わせたレッスンを行っていますトップページはこちら
profile
comment
search
mobile
qrcode
sponsored links
無料ブログ作成サービス JUGEM